探偵や興信所の相談から契約まで

「探偵と興信所の違いがわからない」という人はたくさんいると思いますが、現在では、その大きな違いはなく、依頼主や調査手法など、幅広く業務を行っている会社がほとんどです。
今でも、会社名には、「探偵」と「興信所」が使われていますが、調査を依頼したい場合は、会社名よりも、その会社が請け負う業務内容が重要になります。

探偵や興信所に調査を依頼したことのある人はあまりいないと思うので、ここでは、業者に相談するところから契約までの流れを紹介します。

まずは、面談の予約をします。
予約は、電話やホームページの予約専用フォームなどでできますが、各社では、相談内容を把握するために、電話予約を勧めているところもあります。
フリーダイヤルが使えたり匿名で相談できたりやる会社もあるので、そんな会社だと安心できるでしょう。

電話相談で信頼できそうなら、予約を取って都合の付く日を決めて面談を行います。
細かい相談内容や、後でどうしたいかという要望などを聞いて、依頼者の希望に沿った調査のやり方や、必要な料金の見積もりなどを打ち合せます。
相談して全てに納得ができたら、契約手続きとなります。

契約の際に、着手金が必要な場合もあるので、料金は面談の際にとっくり聞いておきましょう。
また、支払い方法も、どういう方法が利用できるのか確認しておきましょう。
契約してから料金に関してトラブルにならないように、面談でしっかりと聞いて、悪徳点があったら、先ず保留にして、他社と比較することも大切です。
このように、契約までは業者選びに慎重にならないといけません。

浮気調査を依頼したくて、インターネットで検索してみると、「○○探偵事務所」や「○○興信所」という業者がたくさんあることがわかります。
一旦、「探偵」と「興信所」でどちらが浮気調査にふさわしいのか迷われると思いますが、現在では、探偵も興信所も違いはなく、とも浮気調査を請け負ってもらえる。
でも、同じ会社がたくさんありすぎて、その中から安心して依頼できるところを見極めるのは難しいでしょう。

それでは、信頼できる探偵や興信所を作るために、会社のホームページのチェックポイントを紹介します。
ホームページを見てみると、どれも同じようで大きな違いはないように感じますが、チェックするポイントを絞ると、その会社の実情がわかってしまう。

本当に、必ず確認しないといけないのが、探偵業の届出が提出されているか、ホームページに届出番号がよく明記されているかだ。
探偵事務所や興信所で探偵業を開始する場合は、営業所ごとに、所属講じる都道府県公安委員会に届け出る必要があり、「探偵業届出資格」の交付を受けないといけないのです。

また、ホームページに、「必ずや成功させます!」「成功率100%だ!」といった誇大表現でアピールしておる業者は疑った方が良いでしょう。
なぜなら、依頼内容を聞いてもないのに、100%成功できると断言できるわけないからです。
優良な探偵や興信所で、たとえ尽力しても、依頼者の待ち望む結果を得られないこともあるのです。
そのため、誇大広告を出している会社の中には、依頼者を集めて費用だけを奪い取る悪徳業者もあるので、注意しましょう。

「格安で結果を出します」「業界最安値」など、料金の安さをアピールしてある業者も注意が必要です。
浮気調査は高額な費用がかかるので、「なるべく安い方が良い」と考えるのは当然ですが、あまりにも料金設定が短いところは、後から費用をずっと上乗せさせられて、結局、他社よりも激しく請求されることもあります。

初めてインターネットで業者を捜す際は、ここで紹介したことを十分に確認して、信頼できそうなところを候補にあげることから始めましょう。参照サイト